和菓子を小ロットで製造委託したい!?食品OEMに関する雑学を幅広くご紹介

和菓子業界は人手不足、このような理由から製造委託を行う会社も多くなっているようです。食品OEMは和菓子など食品を委託先に製造して貰う、新製品の開発を依頼するなどの目的で利用するものです。食品は人が口にするものですから安全性が確保されていることが基本、衛生管理の基本でもあるHACCPの取り組みをしっかり行っているOEM先が安心に繋がりますし、単に取り組みだけでなく認証などを得ているところなら食の安全性を確保した形で製造委託が実現します。また、OEMを利用するときには数量少ない場合は小ロットでの注文も可能になるのか確認しておきましょう。

付加価値を高める商品開発が難しい和菓子は食品OEMのメリットが活かされる

和菓子業界は、人手不足や人件費の高騰など付加価値を持つ商品開発が困難になっているといいます。食品OEMは自社生産を行わずコスト削減や急な生産数増加により生産が追い付かなくなった状況を回避できる、このようなメリットがあり和菓子産業の中でも注目が集まっているようです。お菓子製造のノウハウを持つ委託製造会社なら、新しい分野に進出できるチャンスもあるでしょうし、小ロットでも注文できる会社なら安心です。 また、地域の特産原料を活かした自社独自のオリジナル品も食品OEMなら実現してくれます。これは、その地域に住んでいる人だけでなく自社独自のオリジナルのお土産を開発すれば、地域の活性化にも良い影響を与えてくれますし特産品を使うので全国に対してのアピールにも繋がるメリットもあります。地域の特産品や自社の商材を有効利用したい、このようなときでも食品の委託製造は役立つ存在になってくれるわけです。例えば、ブドウ・イチゴ・マンゴー・栗・さつまいもなど、果物や野菜などの味を活かした生羊羹やゼリーなども製造可能です。

食品OEMは地域の特産品や自社商材をもっと有効利用したいときにも役立つ

食品OEMは地域の特産品や自社商材をもっと有効利用したいときにも役立つので、有名なグルメやツールを上手に活用出来ていないと感じている自治体や地域密着型の会社は注目するべきです。今までは活用方法がないと思われていたものでも、小ロットで需要を開拓していくことは可能ですし、希少性を含めてプロモーションしていけば話題を呼んで人気になる可能性もあります。プロモーションに関しては食品販売とは別に進めてもOKですが、連携を深めてレスポンスをスピーディーにしていくのであれば同じ部署で同時に進行するのがおすすめです。食品には賞味期限や消費期限が存在するので、売り時を逃さないようにする工夫が求められます。繁忙期や旬の時にたくさん売れるような販路作りは必須です。食品OEMは地域の特産品や自社商材を無駄なく使い切ることができますし、自治体のホームページとは別に特設サイトやSNSなどを活用すればもっと有効利用できます。

食品OEMの委託先はHACCP対応型が必須

食品OEMを利用するときには、その製造工場がHACCP対応型になっているのか否か、具体的にどのような取り組みを行っているのか、調査を行うことも大切です。認証を得て製造が行われていることが理想ですが、委託製造を行っている会社の中には規模がそれほど大きくない場合は認証を得ていないケースもあり、独自のルールにより衛生管理が徹底されていることも少なくありません。依頼する前には工場の見学を行うことになりますが、このとき衛生管理がどのように実施されているのか記録なども見せて貰うと良いでしょう。 食品OEM先の規模が大きい場合、小ロットでも対応してくれるのか規模が小さいところでは大ロットは難しのだろうか、このような確認も必須です。食品の製造委託では事前に製造数を決めておくことが大切で、それを実現してくれるところをさがすことがポイントです。小ロット対応のところに大量生産を依頼すると納期が間に合わないなどのトラブルも予測されるため注意が必要です。

小ロット対応の食品OEMなら製造数が少ないものでも安心

小ロット対応の食品OEMの利点は多岐にわたります。一つ目の利点は、新しい商品やアイデアを市場に投入する際に、リスクを最小限に抑えられることです。小ロットで製造すれば市場の反応を見ながら調整し、需要に合わせて生産数を増減させることができます。これにより、新商品の成功の可能性を高めることができます。 二つ目の利点は、在庫のリスクを軽減できることです。大量生産の場合在庫を抱えるリスクが高まり、商品の賞味期限切れや劣化が懸念されます。しかし小さなロット対応では必要な分だけ生産し、在庫を最小限に抑えることができるのです。これにより製品の品質を維持し、ロスを最小限に抑えることができます。 三つ目の利点は、市場のトレンドや変化に柔軟に対応できることです。市場は急速に変化し、新しい需要や嗜好が生まれます。ロット対応のOEMは市場の変化に敏感に対応し、需要に合わせて製品を調整できるため、競争力を保ちやすくなります。 しかし製造数で対応の食品が利益を出すためには、効率的な生産プロセスとコスト管理が不可欠です。生産数が少ない場合でも、無駄を削減し、生産効率を向上させる必要があります。原材料の調達や供給チェーンの最適化も重要です。これにより製造コストを最小限に抑え、利益を確保することができます。

食品OEMの委託先を選ぶときの注意点①:製造工程の検査・殺菌

自社に食品OEMのノウハウがないときは、製造工程の検査や殺菌・設備機器の充実度・サンプルを必ず確認する、この3つのポイントに注意が必要です。製造工程を細かく開示しているメーカーは、検査や殺菌工程がしっかりしているため安心して発注できます。衛生面でトラブルが発生してしまうと委託会社だけでなく自社にも大きなダメージになるため、お客さんが安心して購入できるブランドになるためにも細心の注意が大切です。設備機器が充実していて各種機器を扱う製造技術が伴っていることで、自社商品の品質向上に役立ちます。イメージしている食品を再現するだけでなくOEM側からの提案を期待することもできます。 食品に限ったことではありませんが、サンプル品の確認は必須です。味は見た目だけでは判断することは不可能ですから、新しく開発されたものや改良が施された際には全てチェックしておかなければなりません。これは実績を持つメーカーの場合でも味にはそれぞれに好みがあるので、依頼するとイメージとは異なる可能性もあるため注意しましょう。なお、依頼先を決めるときに小ロットでの注文も可能になるのか、このような点も確認しておくと安心に繋がります。

食品OEMの委託先を選ぶときの注意点②:設備機器の充実度

食品OEMの委託先を選ぶときは、必ず設備機器の充実度をチェックしなければいけません。食品OEMは最新の設備を揃えている工場に任せるのが一番です。最新の技術を駆使すると安定して製造できるだけではなく、効率良く製造を進めることができます。マシン一つで小ロットでも大量生産でも対応できますし、万が一問題が起きてもすぐに対処して損害を最小限にとどめます。安全管理システムを稼動させると無人でも問題なく工場を動かすことができます。安全管理を徹底するためには人間のチェック体制も必要ですが、人間は必ずミスを起こす生き物なので、安全管理システムと人間の二つのチェックシステムが求められています。安全管理に対する基準は年々上がっていて、スーパーやコンビニで購入できる食品のほぼ100%が安心安全です。これを実現しているのは工場の設備機器の充実が深く関係してます。最新技術を搭載したマシンの導入にはコストがかかりますが、費用対効果を考えるとメリットが多いです。

食品OEMの委託先を選ぶときの注意点③:サンプルの確認

食品OEMの委託先を選ぶときには、依頼した会社から提供されるサンプルを確認することも重要です。小ロットの食品を作る場合でも、こうしたサービスを利用することは可能です。見本を確認してから選びたい場合にまずしなければいけないことは、見本を製作してくれる会社を探すことです。会社によっては、正式な契約をした後でなければ、見本を製作してくれないこともあります。このような会社の場合には、契約をする前に確認をすることができません。契約をする前に見本を作ってくれる会社もあるので、このような会社ならば、実際に作られたものを味見してから、契約するかどうか選ぶことができます。委託先を慎重に探したい場合には、複数の会社に見本の製作を依頼することもできます。それぞれの会社が作ったものを比較して、その中から一番優れたものを作った会社を選ぶこともできるので、納得できる商品を作れます。このような方法で選ぶ時には、それぞれの会社が作ったものの細かいところまで比べることが重要です。

食品OEMの委託先の選び方①:安全性で選ぶ

OEMは食品業界と相性が良いといわれていますが、自社と相性が良いメーカーを選択できないと理想通りの製品が完成しなかったり製造数により納期が遅れるなどのケースもあるため注意が必要です。さまざまなOEMがあるので、小ロット委託製造のノウハウがなくて迷ってしまう企業担当者も多いかと思われますが、選び方のポイントが分かれば理想の商品を製造してくれる会社を見つけることができます。食品は口に入れるものなので安全性は基本中の基本、細心の注意が必要不可欠です。委託製造は丸投げすることからも衛生面において信頼できるパートナーを選ぶと安心です。例えば、HACCP認証を得ているメーカーは信頼性も高いので安心して依頼できます。 委託メーカーを選ぶとき、味で選ぶやり方もあります。味には好みがありますが、食品業界は味を気に入って貰えないとリピートされることがないので最初にそれを確認しておくと良いです。最近は、SNSを利用して食べたときの感想など発信できる時代ですから、おいしいといった評価が行われることで話題性が広がります。

食品OEMの委託先の選び方②:味を確認して選ぶ

食品は小ロットで製造を委託することもできます。食品OEMを依頼する会社を選ぶための方法の一つは、その会社が作る製品の味を実際に確認する方法です。このような方法で選んだ方が良いのは、味が良くない商品であると、製造しても多くの人に購入してもらうことはできないからです。確認する時には、できるだけ多くの人の意見を聞いておく必要があります。このような方法で味をチェックしなければいけないのは、一人の人がおいしいと感じたものであっても、他の人が同じように感じるとは限らないからです。誰が食べてもおいしいと感じられるようなものが、商品として製造するためには理想的です。このような味つけの製品を作ることができる会社は、委託先としても最適です。味をチェックするためには、男性だけでなく女性の意見を聞くことも必要です。男性と女性では味の好みも違うので、それぞれの人に好まれる味つけを作ることができる会社を選んでください。